双子



ダウン症

双子出産後 入院編(もしかして ダウン症?)

更新日:

無事、双子を出産。お姉ちゃんNちゃんは、翌日には保育器から出て、
新生児室に移った。毎日来てくれる、義父母もガラス越しに顔を見れる
ので、とても喜んだ。第一印象は「眉間のしわ」
産まれてすぐに、眉間にしわ寄せるかな~。女の子なのに。私も
授乳が始まったので、抱っこすることができたし、泣き声も大きくて
安心した。よく見ると鼻が高い。目は一重かな。母乳はこの年で出るのか?
と思ってたけど、2日くらい経つと胸がはってきて出るようになった。
(あとから出なくなっちゃうんだけど・・)
赤ちゃん Nちゃん
弟のNくん。なかなか保育器から出れない。飲む力が弱く、体重も増えない。
私は心配でならなかった。そして、小児科の先生からの一言。
「違うかもしれないけど、一応、染色体異常の検査に出しておこうと思い
ますが、いいですか?」と。そのときは意味がよく分からず、「はい、
お願いします」と答えた。部屋に帰ってから、先生がダウン症を疑って
いることがわかった。一瞬にして、頭が真っ黒になり不安と動悸が私を
襲いだした。「まさか、まさか嘘でしょう・・」

スポンサーリンク

Sponsored Link


不安をかき消すために、スマホで「ダウン症」を検索しまくった。
「ダウン症の特徴」 つり目、二重、耳が折れている、体重が増えない・・。
不安をかき消すはずが、これらの項目がNくんにあてはまってしまう。
私の不安、落ち込みは、ますます激しく増大していった。

出産から4日経って、やっと新生児室から出てきてくれた。お姉ちゃんに
比べたら、軽い。ふにゃっとしてる。このふにゃっとしてるのも、ダウン症
の子の特徴。まだ検査結果を聞いた訳ではないのに、Nくんの顔を見ながら、
私は泣けてきてしまった。唯一救われたのは、おっぱいにしっかり吸い付いて
くれたこと。ただ、Nくんは泣かなかった。というか、泣く表情はするけど、
声が出ないのだ。べろを出して、泣く表情を30分くらいして、やっと絞りだす
ように声をあげた。べろを出すのも、ダウン症の子の特徴・・

赤ちゃんが泣くのなんて、当たり前のことと思っていた。泣いてくれなきゃ、
お腹がすいてるとか、オムツがぬれてるとか、暑いとか、いろいろが分からない!
「Nくん、泣いてくれ~」泣くことを願わないといけないなんて。日に日に
お見舞いの人が増える。「男の子と女の子だから、双子だけどあんまり似てない
ね」という言葉にドキっとする。だんだん私自身からも笑顔が消えていった。
赤ちゃん Kくん

Sponsored Link

Sponsored Link

happy
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-ダウン症
-, , , , , , ,

Copyright© 40代の高齢出産!年齢やリスク・芸能人にも負けないブログ! , 2019 All Rights Reserved.