バレーボール画像



日記

バレーボールとのしばらくのお別れ

更新日:

とにかく、がんばっていた。
多分、チーム1努力していた自信はある。
30代前半から始めた、ママさんバレー。

途中いろんな事があって、お休みした時期もあったが、
40代になり、子どもの事をきにせず練習、大会に行く事もでき
ほぼ毎日、「どうやったら、もっと上手くなれるのか?」と
考えていた。家では筋トレしたり、週1回の練習では足りないと
思い、いろんなチームにお願いして、週3回はボールに触るようにしていた。
チームの中でも代表者として4年目を迎え、チーム自体も
下のランクから這い上がり、Bクラスというところまで上がってきた。

スポンサーリンク

Sponsored Link

そんな矢先の妊娠。バレーの事は、真っ先に頭に浮かんだ。
「しばらく、出来ないんだなぁ。しばらくって、どれ位だろう?」
「復帰できたとしても、45才位かなぁ。」
少し、悲しい気持ちになった。

昨年、最後の練習日に、挨拶に行った。
みんな、体の事を気遣ってくれて、「まだ、若いんだけん、大丈夫!」
って声かけてくれた。嬉しかった。

最後にいつもの様に、体育館入り口で、
コートに「ありがとうございました!」
って挨拶して、体育館を出た瞬間、自分でもびっくりする位
涙があふれてきて、止まらなかった。家に着いて、息子が
「どうした??」って、びっくりするけど、まだ涙が止まらない。

こんなにバレーが好きで、体育館が好きだったのかと、改めて
感じた一夜だった。あれから、1ヶ月。まだ、ボールに触っては
いない。つらくなるから。

ただ、今回の妊娠は、もしかすると、バレー、バレーで、
仕事との間で体を酷使し、家庭の事、子どもの事を少しないがしろにしてきた
私への、警告のような気もしないではない。もう一度、大事ないろんなものを
見つめ直す時間を頂いたのかもしれない・・。

Sponsored Link

Sponsored Link

happy
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-日記
-

Copyright© 40代の高齢出産!年齢やリスク・芸能人にも負けないブログ! , 2020 All Rights Reserved.