お散歩中の双子



双子の育児

生後7ヶ月のうちの双子ちゃんの成長は遅め!?

投稿日:

本日、ホワイトデーの3月14日で、ちょうど8ヶ月に入ります。

とりあえず、2週間前に7ヶ月健診を終えましたので、ご報告♪

ダウン症のKくんは体重は増えたのか?

お姉ちゃんのNちゃんは寝返りをうてるようになったのか?

生後7ヶ月の赤ちゃんの身長体重の平均は → → →

男の赤ちゃんなら、身長は約65・0~73.5センチ、体重は約6・5キロ~10・0キロぐらいだそうです。

女の赤ちゃんなら、身長は約63・0~72・0センチ、体重は約6・3キロ~9・5キロぐらいだそうです。

スポンサーリンク

Sponsored Link

ダウン症 Kくん
 身長 67・4センチ  体重 8・7キロ
 
姉 Nちゃん
 身長 70・0センチ  体重 10・2キロ

お散歩中の双子

まずはダウン症のKくんの身長、体重が平均に近かったのに、「ほっ」。

Nちゃんはやっぱでかめで重いな・・・。

それから内診は異常なく。

発達の部分では、「う~ん」平均の赤ちゃんからみると遅めかなぁ。と。

Kくんは「寝返り」はできます。「うつぶせ寝」も最近出来るように。

ハイハイはできませんが、前に足を蹴りだそうとしてます。

「おすわり」できません。

背中の筋肉が弱いためか、手で少しは支えるけど、しばらくすると「だら~ん」と前へ体が折れてしまって・・・。

「おすわり」にはかなり時間がかかりそう・・。

Nちゃんは、「寝返り」をしません。

これには少しあせりもあります。

病院の先生からも、「体が大きいからかな?練習させてくださいね」とチクリ。

個人差が大きくなるこの時期。

毎日横向きにして、「寝返り」を促すけど、本人のやる気が全くなし。

ころん、ころん寝返るKくんを、眺めてるだけ。

「寝返り」しないと、ハイハイにもつながらないからと、親としてはあせっちゃう。

ダウン症のKくんでさえ、やってるのに。

7ヶ月でもまだ寝返りしない娘

「おすわり」はKくんよりも安定してて、「あと少しでできるかな~」という感じ。

おもちゃで遊ぶ感覚は、Nちゃんのほうが「ここを押したり、にぎったりすれば音がなる」という関連付けができてるみたい。

発達の個人差。

双子でも得意分野で、差が出始めている。

親って「平均値」に子どもがいてくれることが安心材料の1つだから、やっぱり、「寝返り」できない。「おすわり」できない。というのは気になってしまう。

「個人差・個人差・・。気にしない。気にしない」「あせらない」

離乳食は、とにかくKくんが食べてくれません。

いまだに「トロトロ」初期状態から抜けれず。

好きなものは市販の「バナナプリン」や「ベビー用ヨーグルト」。

口の動かし方もまだ、舌でペロペロ。もう少し食べてくれるようになってほしいな。

Nちゃんは、離乳食はとても優秀。

「モグモグ」口をしっかり動かし、かたまりも噛む要領が分かってきてて。

好き嫌いせず何でも食べてくれる。

「食べること」に興味があるんでしょうね。

いまのところ、Kくんがダウン症だから特別遅いと感じることはありませんが、とにかく我が家の場合、2人とも、平均よりはちょっと遅め?ゆっくり?の発達のよう。

今からどんどんこの「個人差」というのは大きくなっていくんでしょうね。

4月から保育園に行けば、周りの子どもとも比べてしまうかも。

でも、大事なことはなんなのか、忘れないようにしたい。

「今日も元気に笑ってくれている」

それで十分、それで幸せ。という気持ちは大事にしたい。

Sponsored Link

Sponsored Link

happy
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-双子の育児
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 40代の高齢出産!年齢やリスク・芸能人にも負けないブログ! , 2020 All Rights Reserved.