お口の舌のマッサージ



ダウン症

ダウン症のKくん離乳食を食べず・リハビリで相談

投稿日:

今日、3・16(木)はKくん、2週間ぶりのリハビリの日。

先週は風邪をひいていたけど、鼻水、咳も落ち着き病院に行けて良かった。

なぜかテンション高めで、テーブルにおもちゃを置いて、ひざ立ちしたり、立たせられたりしたけど、「わっ、おっ」といろんな声を出して、おもちゃもバンバンたたいて激しく遊んだ。

先生も、「今日ははげしいね~」と笑っている。

あんまり最初から飛ばすと、40分間もたないんじゃないかと心配しつつ、私も、「Kくん、すごいね~」褒めながら、一緒に遊ぶ。

スポンサーリンク

Sponsored Link

寝返りが大好きなKくんは、最近仰向けになることのほうが少ない。

寝るときも、指しゃぶりをうつぶせでしながら寝てしまう。

少し心配なので、仰向けに返すけれど、またすぐうつぶせに。

少しだけずりばいができるようになってきたので、いつのまにか布団から飛び出し、そのまま寝ることも。

寝返りをしてうつぶせで寝てます

リハビリ中、先生に、離乳食をあまり食べてくれないことを相談してみた。

やっぱりダウン症の子どもは、口の発達も遅めなので、離乳食のすすみが悪かったりするらしい。歯が生えるのも遅め。

でも、少しいろんなことを気をつけるだけで、発達を促す事ができるとか。

まず、離乳食をスプーンであげるときは、口の中の舌の上にのせてあげるんじゃなくて、口の中に入れすぎず、しっかり上唇も使って、「あむ」とくわえるように促すこと。

つい、食べてほしいので口の中に突っ込みすぎてたかもしれないと反省。

あと、口の周りの筋肉のマッサージ

口の周りの筋肉のマッサージ

や、舌のマッサージ。舌のマッサージは顎の下の部分を前から後ろへなでるようにマッサージすると、舌の筋肉の動きを刺激するそうだ。

お口の舌のマッサージ

口の筋肉が発達して、食べ物にも興味が出てくると、離乳食の食べ方も変わってくるかもしれない。

あんまり焦って、食べさせようとして、食事が楽しくなくなるといけないので、ゆっくりいこうと思う。

先生からのアドバイスも家で生かしていこう。

また、2週間後のリハビリのときは、ずりばいがもう少し上手にできるといいな。

双子のNちゃんはおばあちゃんちでお留守番だったけど、こちらはあいかわらず寝返りをしないので、こちらもリハビリ必要!?

4月からは保育園や、私の仕事が入るので、今までどうりにリハビリに通えるか少し不安だな。

Sponsored Link

Sponsored Link

happy
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-ダウン症
-, , , , , ,

Copyright© 40代の高齢出産!年齢やリスク・芸能人にも負けないブログ! , 2019 All Rights Reserved.