張り止めの薬



高齢出産

26週目!とうとう張り止めの薬を飲む事に・・

投稿日:

先日の息子のバスケの大会は、
結局3位に終わった。宿敵を倒せず・・。
前日夜から右側のお腹ばかり、張って痛む感覚が
あり、「いつもと違うな」と感じていた。
大会の応援中も、声があまり出せない。
どんどん、お腹が重く固くなり変な痛みがとれない。

スポンサーリンク

Sponsored Link

だんだんと不安になってきた。

家に着いた頃、気分まで悪く、
自分の体より、お腹の赤ちゃんに
何か起こっていると大変だなぁ、と思い
病院へ℡。まだ土曜日で診療を受け付ける
時間内だったので、すぐ診せて下さいと言われた。

病院に行くと、30分ほど、赤ちゃんの心音と
お腹の張りをグラフでとれる機械をつけられチェック。
心音には異常がなく、内診でも子宮は大丈夫だった。

ただ、今まで出てなかった「張り」が出てて、
「張り止め」を出すので2週間飲んで下さいと
言われた。1日4回も飲まなくてはいけない・・。

張り止めの薬

この「ルテオニン」という薬、副作用のところにあるように、
飲んだらかなり、動悸が激しくなり、手が震えだす。
バセドウ病の薬も飲んでいるので、薬はできるだけ飲みたくないが、
仕方がない・・。

「土、日、うろうろしない事!基本は安静ですよ!
仕事も状態によっては、診断書を出して休んでもらったり、
いつ入院という事になるかも分からないからね」
と、病院の先生からも脅された。

とりあえず、家に帰れてほっとしたが、双子、高齢、
というリスクを、もう少しわきまえるべきか・・?

出産まであと約、2ヶ月半ほど。なんとか無事に過ごせます
ように。

Sponsored Link

Sponsored Link

happy
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-高齢出産
-

Copyright© 40代の高齢出産!年齢やリスク・芸能人にも負けないブログ! , 2020 All Rights Reserved.