スーパーの買い物袋に手を伸ばす



双子の育児

ビニールのがさがさ音が気になるNちゃん

投稿日:

双子の姉のNちゃん。

もうすぐ生後6ヶ月。

体重、身長とも発達は男の子なみ。

とにかくミルクを良く飲むので、全体の量が多くなりすぎないよう気を使う。

皮膚が弱くて、今まで何度も皮膚科に通った。

頭はかさぶたのようなものがいっぱいできて、そのうちフケみたいにぼろぼろ落ちてくるし、体は毎日のようにどっかが赤くなってるし、首は太っていてひっついているので赤くなってて、顔は乾燥肌。

皮膚科からもらった薬は4種類。

スポンサーリンク

Sponsored Link

そんなNちゃんが、最近どうしても気になるものが、スーパーの買い物袋。

耳の近くで「ガサガサ」となると気になってしょうがない。

少し自分の力で手を動かせるようになってきたので、その手をなんとかビニールの袋のところまで伸ばしキャッチ。

スーパーの買い物袋に手を伸ばす

つかまえたら、引っ張り、振り回し、「ガサガサ」なるその袋と葛藤。

隣にいるKくんも、「お姉ちゃん、何やってるの?」といわんばかりに不思議そうに見つめている。

とうとう20分ほど、買い物袋と戦っていたNちゃん。

買い物袋をつかまえる

お互いに違うスピードで自分なりに成長してくれてる。

お互いが刺激し合って成長している。

ダウン症と健常児の双子。

男の子と女の子の双子。

高齢出産で年の離れてたお兄ちゃんとお姉ちゃんがいる双子。

不思議なんだけど、計画的ではなかったけれど、この双子ちゃんは、周りの人間の生き方すら左右する大きな存在になった。

お父さんは長年ブラックな企業で働き続けていたけど、双子ちゃんの誕生をきっかけに勇気を出して、転職を果たした!

少し、反抗気味だった高校生のお姉ちゃん。

真剣に進路を障がい者の子ども達を支援する仕事をしたいと言い出し、障がい者のピアノコンサートやアート展などに行っている。

受験生のお兄ちゃんは、変わったところはないけど、ミルクをやったり恥ずかしがらずに手伝ってくれる。

こんなにちっちゃい命は周りの運命すら導く大きな存在に。

命ってすごい!

高齢で出産を悩んでいる方。

障がい者が生まれるかもしれないあなた。

こうしたほうがいいとはいえないけれど、その命の持つ「力」は多分、自分が考えている可能性を超えてきます。

もちろん大変なことはいっぱいあるけど、それ以上の喜びと学びを必ず私たちに与えてくれますよ!!!

Sponsored Link

Sponsored Link

happy
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-双子の育児
-, , , , , , , ,

Copyright© 40代の高齢出産!年齢やリスク・芸能人にも負けないブログ! , 2020 All Rights Reserved.