双子の育児

ダウン症と分かってからの1ヶ月健診

投稿日:

1ヶ月健診を迎えた。やっぱり双子なので、1人では行けなかった。

おばあちゃん(義母)に一緒に行ってもらうことに。

Nちゃんは、1キロ近く体重も増えてて特に問題なし。

ひとつ気になったのは、産まれたときは出べそじゃなかったのに、だんだん おへそが出てきちゃったこと。

でも、これはりきんだり、うなったりする子によくあることのようで、腹筋が ついてくれば、また引っ込んでくるので問題はないとのことだった。

3ヶ月経った今では、たしかにおへそはひっこんできた。

スポンサーリンク

Sponsored Link

Kくんは出生時から比べると、体重増加は300グラムほど。

でも、すこしづつ増えてきたので、この調子でがんばってくださいと。

ただ、Kくんに対しては、これから予防接種も、シナジスという高額な 注射を春まで打っていったほうがいいという説明とか、月齢にしたがって 眼科検査、整形外科の検査などをしていきますとのことで、やっぱり普通の子とは 違うんだなと思った。

tetyou

子どもの健診が終わると、私自身の産科での健診。体に特に異常もなかったのだが。

事前に答えたアンケートを見ながら、助産師さんが個室で面談をしてくれた。

この面談で私は変わった。30分以上話してたと思う。Kくんの事でふさぎこんでた、悩んでた、誰かに聞いてほしかった気持ちを、この助産師さんは受け止めてくれた。

「高齢出産だけが、ダウン症の原因ではないですよ。この病院でも20代、30代の 方でダウン症の出産は意外と多いです。」

と助産師さんは言われた。そして、「Kくんは、きっと、この家に産まれてきたことを喜んでいると思いますよ。」と言われた。その言葉を聞いたとき私の目からは涙が あふれた。久しぶりに人の前で涙をみせた。

本当にこの家に産まれてきて良かったと、この双子ちゃんが思えるよう、家族みんなで育てていかなくてはいけないと心に誓った。

Sponsored Link

Sponsored Link

happy
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-双子の育児
-, , , , , , , ,

Copyright© 40代の高齢出産!年齢やリスク・芸能人にも負けないブログ! , 2020 All Rights Reserved.