手のしびれ



主婦の美容健康ダイエット

手根管症候群の手術を決心

更新日:

前回のブログで「手根管症候群」を発症するまでを書きましたが、その診断をして下さった整形外科では入院が必要と言われた。

「どのくらいの入院が必要ですか?」とおたずねすると「3~4週間」と言われる。
「えっ、。」と聞きなおした。「そんなに長く入院??」「子育て中で無理なら、せめて1週間は入院してもらわないと。日帰りなんて無理だよ。」と言われた。

(おいおい、それは無理だよ。3ヶ月の双子ちゃんを置いて入院だなんて・・)

でも、この病気は放っておくと親指の付け根の筋肉が落ちていって、つまんだりする細かい作業ができなくなるという。

スポンサーリンク

Sponsored Link

それに、この24時間続く不快なしびれから少しでも早く開放されたい。来年は仕事も復帰しないと。お金がないんだから。

手術後、手が元通りに動くようになるまでには、何ヶ月かかかるらしいから、手術はしたい。

でもでも、育児休業中で収入激減してるのに、手術プラス入院だなんて、どっからお金を持ってくるんだい。

家に帰った私は、再度病院を探した。

本当に日帰り手術は無理なのだろうか?ネットで検索していると、近くはないけれど、この病気に対する手術に力を入れている病院が見つかった。

手術の方法も切開ではなく、内視鏡を使うので日帰り手術が可能で
日常生活にも比較的早めに戻れるという。

何度かメールで問い合わせをして、その病院に行ってみた。検査結果は前回の病院同様、手術が必要との診断だったが、日帰りでできるという。

この病院まで片道40分。何度も通院はできない。

手術費用は4万円。

手術費用は保険でなんとかなるかもしれない。

その場で手術を決断し、術前の説明、検査も全て終わらせてもらった。

残念なことに、この手術をうける病院を診察する直前、右手だけだったしびれが、
左手にも出てきた。

約40%の人が両手に発症するらしい。

まだ右手ほどひどくないので、左手をどうするかは今後考えよう。

いい病院が見つかって感謝しているが、きき手の右手の神経の手術となると、やはり不安だ。

術後2日間は、ギプスがあって使えない。その後、抜糸まで10日。その後は、自由に使えるようだ。

右手が使えないとなると、双子ちゃんたちのおっぱいは?ミルクは?お風呂は?自分のことだけでも多分不自由になるから、どこまでお世話ができるのか?

明日の手術と翌日までは、実家の母に来てもらうことにした。

あとは義父母、中学生のお兄ちゃん、高校生のお姉ちゃん、そしてだんな様に甘えることになりそうだ。

持病のバセドウ病も2番目の子どもを出産したあと発症した。10年以上前の話だが。

今回の病気も出産後。やはり出産とはそれほど女性の体を大きく変えてしまう、命がけのものなんだなと思う。

明日の手術が無事終わりますように。また術後報告いたします。

↓は手術前説明書の一部分です。
手術説明書

Sponsored Link

Sponsored Link

happy
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-主婦の美容健康ダイエット
-, , , , , , , ,

Copyright© 40代の高齢出産!年齢やリスク・芸能人にも負けないブログ! , 2020 All Rights Reserved.