猫のはなちゃん



高齢出産

切迫早産とは?子宮頚管の長さ?自宅安静?

更新日:

昨日で、ようやく30週を超えた。まだ入院はしていない。
42才で双子、しかもフルタイムで仕事をしていたから、
逆によくここまでもったほうだと思う。が、27週過ぎの
妊婦健診で、「子宮頚管が2.4センチで短くなっているから、
自宅で絶対安静か、できなければ入院。双子だから仕方がないが
切迫早産の傾向があるから、とりあえず薬飲んで、1週間後に
また内診に来て!」と言われた時には、ちょっと焦った。

スポンサーリンク

Sponsored Link

そして、今まで、お腹が張る以外は特に何のトラブルもなく来ていたので、
「切迫早産」「子宮頚管」「2.4センチ」「自宅安静」「入院」
の意味がよく分からず、薬はやはり前回もらった「ウテメリン」をもらい、
家に帰った。

家に帰ってさっそく、少し調べてみると・・

「切迫早産とは」・・早産になりかかかっている、早産の一歩手前の状態、
という事で、「早産とは」妊娠22週~妊娠36週6日までの出産の事を
言うらしい。その治療法は、子宮収縮の程度、子宮口が開いているか、
子宮頚管の長さなどの状態により、即入院、24時間点滴、という人も
いれば、子宮頚管をしばる手術を受ける人もいれば、今回の私のように
自宅安静で様子を見る場合など様々のようだ。

「子宮頚管とは」子宮の下にある、子宮と膣とを結ぶ管の事で、通常は
4センチ位あるらしく、臨月の頃、赤ちゃんが下りて来て短くなるらしいが、
それより以前に短くなると、早産になってしまうので、まずいらしく・・。

3センチ以下、特に2.5センチ以下になると、入院させる病院が多いらしい。
私の場合、2.4センチで絶対安静を言われた後、仕事も早めに産休に入り、
しばらく実家に戻り、なるだけ寝てるようにしたら、1週間後に2.6センチ
になっていたので、まだ、ぎりぎり入院を免れている。

実家から戻り、なるだけ家事はしないようにはしてるが、どうしても
少しは動かざろうえない。次の検診でなんと言われるか・・。
「入院」だけはしたくない。みんな一緒だと思うが。でも、お腹の赤ちゃんの
命が今は一番最優先だからなぁ。

久しぶりに、うちのネコの「はなちゃん」の写真を載せます。一日中、ごろごろ
してて、疲れたらすぐ横になる。ほんと、今は彼女を見習わなくちゃ(笑)

はなちゃん 爆睡

 

はなちゃん お疲れ

 

はなちゃん 眠い

 

猫のはなちゃん

Sponsored Link

Sponsored Link

happy
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-高齢出産
-

Copyright© 40代の高齢出産!年齢やリスク・芸能人にも負けないブログ! , 2020 All Rights Reserved.