熊本地震自宅の被害



日記

【熊本地震震度7!】その時高齢ママと家族と双子ちゃん実況!

投稿日:

熊本地震自宅の被害
最初の地震の時は、おばあちゃんのアパートにいた。
突然、ドンという音がして突き上げる感じとともにものすごい横揺れ。
おじいちゃんと私で双子におおいかぶさる。
地震だ!
揺れている時間が長く感じた。
双子は、泣いてはいないけど、どうしたんだろう?と不思議そうな顔。
高校生の息子は一緒にいた。
高校生の娘は歩いて帰ってきているから、まだ外。
主人もまだ仕事から帰ってない。
我が家は大丈夫なのか?
火事とかになってないよね?
いっせいに、みんなが携帯を手にして、身内に連絡を取り出した。
娘にもかけた。
でも、つながらない。
皆がいっせいに電話しだしたからだろう。
娘は、10分後無事に帰ってきた。
ほっとした。
主人も30分くらいして帰ってきた。
なんとか、家族がそろった。
でも、その間にも余震が続く。
そのときはまだ、余震は1日くらいでおさまるだろう、とみんな考えていた。
家が心配になったので、歩いて5分くらいの我が家に戻った。
真っ暗で外の状況は分からない。
余震が何度もきて、2階にも上がれない。
築30年近い一軒家。
アパートよりも、強く揺れを感じる。
揺れるたびに、双子のところに駆け寄る。
もし、この家がつぶれてきたら、何かが倒れてきたら、そう思うと、双子のそばを離れられない。
最悪、こたつの下に投げこもうと考える。

スポンサーリンク

Sponsored Link

やっと、これ尋常じゃない事態だと皆が感じ始めていた。
外で車の行き交う音がしだした。
いち早く避難を始めた人がいるようだ。
おばあちゃんが心配して、近くに住む親戚を回ったあと、うちにも来てくれた。
食器棚は倒れていなかったけれど、中から食器が飛び出し割れて台所に散乱している。
私はすやすや眠り始めた双子の側を離れることができず、おばあちゃんが、割れた食器を片付けてくれた。
上の娘も息子も2階の自分の部屋には行かず、皆が1階のリビングに集まっていた。
時間は12時近くになっている。
娘は携帯で情報を集め始めた。
「お母さん、明日、水出なくなるかも。」
「お風呂に水、ためたほうがいいよ」とポツリ。
「私、ためてくるね」と。
私はそんなこと頭になく。
その時は分からなかった。
まさか、断水が1週間も続くとは。
娘の行動は正しかった。
娘はさらに、お城の壁が崩れた写真を見せてきた。
嘘でしょ、と思ったが、その後ニュースを見て、それが本当だと分かった。
息子も携帯を手に、友達が避難を始めたことを教えてくれた。
息子は、余震がくると、双子の側にかけよってくれる。
冷静なお姉ちゃんと、優しいお兄ちゃん。
私達親が、しっかりしないと。
まずは、この子ども達の命を守ること、眠らせてあげることが最優先。
12時過ぎにものすごい余震がきた。
この家にこのままいられない。
結局、主人だけ残り、私と子どもはまた、アパートに行くことに。
荷物をまとめ、双子をおんぶと抱っこして、移動。荷物をまとめる時、始めて2階に上がり、服が散乱したひどい部屋をまのあたりにしたけど、どうしようもない。
アパートについたのは、夜中の1時30分。
さすがに双子たちも目を覚ましたが、しばらくしたらまた、寝てくれた。
本当の正念場はこれから。

がんばろう熊本!

Sponsored Link

Sponsored Link

happy
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-日記
-

Copyright© 40代の高齢出産!年齢やリスク・芸能人にも負けないブログ! , 2020 All Rights Reserved.