子どもの病気



双子の育児

突発性発疹、手足口病、高熱、超寝不足!③

更新日:

Kくんの発熱!

手足口病がうつったのか?

インフルエンザか?

よく分からなかったけど、どうも手足に発疹は出ていない。

ただ、なぜか変な咳をする。

乾いた「カラ咳」というのか、いままでに聞いたことのないような咳き込みの音。

鼻水はあまり出ていない。

とりあえず様子をみようと思って寝せてみたけれど・・・。

夜中の2時ごろ突然泣き出した!

「ヒューヒューゼーゼー」

「ケホン、ケホン」

痰がからんだような変な咳はさらにひどくなり、まるで喘息の発作のように息をするのを苦しがる。

抱きかかえても泣き止まない。

泣くから鼻水も出て、さらに鼻もつまり、苦しくなってさらに泣く。

この呼吸困難のような状況に私は焦った。

happy
このまま朝までこうしていて大丈夫なんだろうか?

昨年、Kくんが「RSウィルス」に感染したとき。

「呼吸するのを苦しがるようなら、酸素の量が低下していることがあるので、すぐに夜中でも救急に連れて行ってください!」と先生に言われていたことを思い出しさらに不安になった。

happy
迷っててもしょうがない。とりあえず病院に連れていこう!

スポンサーリンク

Sponsored Link


深夜2時過ぎだったけれども、おばあちゃんに来てもらい、Nちゃんを見ててもらうことにし、私は1人でKくんを連れて、前回のNちゃん同様「地域医療センター」にかけこんだ。

病院での熱は39度!

酸素はすぐ測ってもらって通常基準で問題がないことが分かって、少しほっとした。

診察してもらうと、「とにかく気管支の炎症が強いので、変な咳をしているようだ」と言われ、「まずは吸入して気管支を広げるお薬を入れて、再度診察してみましょう。」と10分くらい吸入をした。

まだ咳はおさまりまらない。

再度診察してもらい、まだ苦しそうだったので、気管支の炎症に効くシロップを飲ませることに。

診察の結果は気管支炎のようなものでこの段階では「手足口病」か「インフルエンザ」かは分からなかったが、どうも違うような感じだった。

病院の看護師さんに手伝ってもらい、なんとかシロップを飲ませましたが、泣いてすごく嫌がった。

泣きつかれたのか、車に乗せるとすぐ寝てしまった。

家に着いたのは早朝の4時。

吸入とシロップの効果が出てきたのか、それからKくんは、時たま咳はするけれど、泣き出すことなくなんとか寝てくれた。

熱はだんだん下がり、インフルエンザの可能性もなくなり、発疹も出ず、手足口病でないことがわかった。

咳も少しづつおさまり・・・。

大丈夫かと思っていたが、今度は大量の鼻水が出だした。

ねっとりした、鼻の穴をふさぐほどの鼻水。

かかりつけの小児科で薬をもらったけれど、鼻水は2週間出続け、とうとう鼻の穴のところが切れて、血がでたりした。

ほんとに今回は、Kくんの突発性発疹にはじまり、Nちゃんの手足口病、そしてまたKくんの気管支炎と鼻炎・・・とたて続けだった。

私も「おんぶ」の連続で首と肩のこりは最高MAX!!

連日の寝不足で常に頭は「ボー」っとしていた。

実はこの後、一番上の高校生の長女が「インフルエンザ」にもかかったのだけれど、双子ちゃん達にうつることはなく、ほっとした

普段健康でいてくれるありがたさが身にしみる3週間ほどだった。

それにしても、

happy
「おんぶ」って最強だな

どんなに泣いてても、「おんぶ」すると泣きやむし、こちらも「おんぶ」してれば手があくので何かできる。

「前だっこ」じゃなく「背中おんぶ」

安心するのかなんなのか。

不思議だなぁ。

Sponsored Link

Sponsored Link

happy
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-双子の育児
-

Copyright© 40代の高齢出産!年齢やリスク・芸能人にも負けないブログ! , 2020 All Rights Reserved.