たかばい、はいはい



ダウン症

1才5ヶ月!ダウン症Kくんの発達

投稿日:

先日双子の姉、Nちゃんの現在の様子を書きました。

ダウン症のKくんは、健常児のNちゃんと比べるならば、発達のスピードは約半分くらいでしょうか。

全てが半分というわけではありません。

が、Kくんはやはり健常児の生後10ヶ月前後の成長過程を今いっているようです。

ダウン症でも個人差や得意分野が人それぞれだと思いますが。

明らかに目に見えて違うのは、体の大きさと運動面だと思います。

スポンサーリンク

Sponsored Link

Nちゃんが体重13kgに近いのに対し、Kくんはやっと10kg。

とにかく、食べることに対して関心が強くないので、離乳食がすすみません。

Nちゃんと間逆です。

Nちゃんは、食べることが大好きで、食べすぎ、肥満の心配をしている位なので。

Kくんは、あまり固形物は取りたがらず、いまだに離乳食は、とろとろにしたり、ヨーグルトを混ぜたりしながら食べさせています。

甘みがあると結構食べてくれるのですが、そうでなかったり、口当たりが悪かったりすると、吐き出します。

なぜかパンは大好きです。

歯はずいぶんたくさん生えてきましたので、いろんなものをカミカミして食べれるはずなのですが・・・。

パンやお菓子を自分の手に持って、手づかみで食べることはしません。

おもちゃなどは、手にもってしゃぶったりするのですが・・・。

食への興味、関心がわいてくれると、体格もずいぶん変わってくる気はするのですが。

でも、とっても嬉しいことが!

はいはい、しかも高ばいができるようになりました!

ずっと移動はずりばいで、おなかを上げての高ばいができませんでした。

高ばいって、改めて考えると結構腕や、お腹、背中の筋力を必要とするものなんだなぁと思いました。

リハビリで取り組んできた高ばい。

最初は両手、両足を同時に動かしてのずりばいでしたが、2ヶ月ほど前から両手、両足を交互に動かす動作をし始めました。

そしておすわりの体勢から、移動する瞬間に1、2歩ほど高ばいらしき動きを見せ始め、その動きでの移動距離がじょじょに伸び始め。

最近ではほとんどが、移動は高ばいに。

さらにそのスピードも上がってきました。

たかばい、はいはい

はいはい

あと、こたつやテレビ台の高さのものにつかまってひざ立ちして、物をとったり落としたりするいたずらが大好きで、たまに立ち上がろうとさえします。

つかまりひざ立ち

ひざ立ち

ゆっくりではあるけれど、ちゃんと成長してくれているKくんを見てると、ほんとうに嬉しいし、たくましく感じ、こちらが勇気づけられることがしょっちゅうです。

Sponsored Link

Sponsored Link

happy
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-ダウン症
-, , , , , ,

Copyright© 40代の高齢出産!年齢やリスク・芸能人にも負けないブログ! , 2020 All Rights Reserved.