肺炎で入院中のKくん



ダウン症

ダウン症のKくん夏風邪から肺炎に!

投稿日:

6月に入り、私は知り合いのお店で仕事をすることになりました。

熊本地震で復職予定のお店がなくなり、新たに仕事を探しているときにお声がかかり。

なので、保育園への通園と、新しい職場に慣れるのと、新しい生活サイクルを作るのにてんてこまい。

ブログもおろか、パソコンすら開く余裕もなく、とにかく毎日がバタバタし始めました。

スポンサーリンク

Sponsored Link

6月に入り、双子ちゃん二人そろって夏風邪をひきました。

鼻水、せき。

少し熱を出しましたが、すぐ下がるだろうと外出してしまいました。週末に。

月曜日、いったん保育園に行ったKくんでしたが、午後熱が上がり始めたとのことで保育園より連絡が。

仕事中なので、おばあちゃんにお迎えをお願いしました。

仕事から帰ってみると熱は39度近くに。

病院からもらっていた頓服を服用。

そうすると、熱はいったん下がりますが、6~7時間位経つとまたじわじわ上がり始めます。

そういう日が4~5日続きました。

仕事はお休みできないので、ずっとおばあちゃんに見てもらい。

木曜日に再度小児科を受診。

「こんなに何日も熱が続くのは、何かあるよ。検査をしよう。」と言われ。

血液検査、尿検査、レントゲン。

Kくんは大泣きしました。

血液検査で耳を切られ、レントゲンでは手足をしばられ。

午前中いっぱいかかって検査し、出た結果は「肺炎」!

白血球の数値が通常の近くの数値に。

CRPという体の炎症反応を示す数値は、通常マイナスで出るはずが、12という異常な値。

肺の左部分にも白い影が。

「今からすぐに大きい病院へ紹介状を書くので、そちらに緊急入院してください。」と言われました。

その日も仕事の予定でしたが、さすがに仕事どころではなくなり。

そのまま大きな病院へ向かい、即入院しました。

大きな病院でもまた検査。そして、点滴。

この点滴を入れるのが、乳児は血管が細く、さらにダウン症の子どもはもっと出にくいのでかなり大変らしく。

今までにないくらい泣きわめき。

肺炎で治療点滴

肺炎で入院中のKくん

Kくんを肺炎にしてしまったこと。

こんなになるまで、1週間気づかずにつらい思いをさせていたこと。

自分を責めました。

仕事復帰や新しい生活になれるために必死になり、余裕がなくなってしまっていた自分。

ダウン症でも姉のNちゃんとあまり変わらず元気に保育園に行ってくれるKくんに対しての油断・・・。

「Kくんごめんね。」

何回も心の中でつぶやきました。

Sponsored Link

Sponsored Link

happy
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-ダウン症

Copyright© 40代の高齢出産!年齢やリスク・芸能人にも負けないブログ! , 2019 All Rights Reserved.