双子の弟 Kくん



ダウン症

ダウン症の告知を受ける

投稿日:

私と双子のお姉ちゃんのNちゃんだけが、先に退院した。

2400グラムで2人とも産まれたけれど、その後体重が落ち、2300グラムを超えないと退院できないそうなのだ。

無事産まれたら、もちろん一緒に退院できると思い込んでいた私は、かなりショックだった。

確かに、Kくんは飲む力が弱く、また飲んでも体重に反映されてない気がしていた。

スポンサーリンク

Sponsored Link

3日間、母乳を搾乳して病院へ届けたりした。
病院へ行くときは義母に上の子を見てもらった。

なんだかとても不憫に感じたけれど、夕方行くと同じように私服を着て母乳を搾乳して飲ませてる若いお母さんと会ったりしたので、「この人たちも、なんらかの理由で子どもだけまだ退院できないんだろうなぁ。」と感じた。

4日目、やっと退院できるようになった。

ただ、2300グラムをやっと超えたくらいの体は、やはり小さい。

家でちゃんと育てていけるのか、一度子育てを経験している私でも不安になった。

体重フォローということで、1週間ごと、Kくんだけ小児科を受診しなくてはならなかった。

1週間目で、体重がぜんぜん増えてなくて、病院から、母乳にこだわらずミルク中心にして量を飲ませ、少しでも体重を増やすよう
指導が入った。

混合授乳をしていたが母乳への吸い付きが悪く、時間がかかりすぎて体力を消耗し量が足りないのだ。

母乳をまた搾り、それをわざわざ哺乳瓶に入れ替えたりしながら、なんとか飲ませた。

ミルクはどんどん飲んでくれたけど、おかげで母乳はだんだん出なくなった。
双子の弟 Kくん
2回目の体重フォローでの受診の日。体重が増え始めていて安心した。

だけど、先生の表情が固い。(もしかして)先生は、「染色体の検査の結果が出ましたので。」と突然切り出された。

「やはり、ダウン症でした。21番目の染色体の数が1本多い・・・・。」

表を見せて、淡々と説明される。先生の言葉は耳に入ってこない。

(やっぱり)という気持ちと(うそでしょう)という気持ちが入り混じり、意識がぼうーっとなった。

なんとか子どもを抱えて、なるだけ冷静に家に帰ろうと、足元をふんばった。

Sponsored Link

Sponsored Link

happy
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-ダウン症
-, , , , , , ,

Copyright© 40代の高齢出産!年齢やリスク・芸能人にも負けないブログ! , 2019 All Rights Reserved.