ダウン症Kくんの絵



ダウン症

生後4ヶ月すぎてダウン症Kくんに癒されつつ・・

投稿日:

ダウン症のKくんを授かって4ヶ月が過ぎた。

今だ特になにもやっていない。

ダウン症だから特に何かやらないといけないのかどうなのか?

保健婦さんの話だと、療育は早めに行ってもいいですよとのことだけど、そういう施設は遠くにあるので、首も座らない状態だとなかなか・・・。

Nちゃんと比べると筋肉はとてもやわらかいので、なるだけ体をさすったり、腹筋が弱くて便秘ぎみなので、お腹をマッサージしてあげたりはしてるけど。

スポンサーリンク

Sponsored Link

お話がとっても大好きなので、こっちからニコニコ話しかけると、しっかりと目を合わせてお話してくれる。でも、何をしゃべってるんだろう。

特に双子のお姉ちゃんのNちゃんが、とにかく気性が激しくて、寝てるとき以外、激しく泣く子なので、Kくんより手がかかってる。

あまりに大泣きするNちゃんをKくんも「じー」っと眺めてる。「なんでお姉ちゃんはこんなに泣くんだろうねぇ・・」とKくんに愚痴ると・・

「あうー。」って返事してニコッて笑う。

これがあるから、癒される。ありがとうKくん。今日も滅入りそうな私を救ってくれたね。

おとなしいKくんだから、ベットにほったらかしにしないように気をつけないといけないと思っている。

Nちゃんのように、「かまって、かまって」と泣くことはめったにないので。

でも、Nちゃんがやっと寝てくれたら、今のうちに家事をやらないとと、ついKくんの相手を後回しにしてしまうことも。

Kくんの最近の流行は、両手の親指を交互に指しゃぶりすること、両手のてのひらをからませて遊ぶこと、口を閉じて、「ブーッ」て音出して遊ぶこと。

眠くなったら自然に寝てる。

Nちゃんは眠くなったら抱っこして30分くらいあやしてやらないと大泣きする。だから自然に寝てくれるKくんにはほんと助かってる。

それにしても、首はいつ座るのかなぁ。

やっぱりリハビリって必要なのかなぁ。

今年中にはリハビリ専門の病院に行って、いろいろ聞いてみよう。

それにしても、なんてかわいらしく愛おしいんだろう。

嘘もいつわりもない、くったくのない顔。

それでも、だんだん成長していってNちゃんや、周りの子たちと発達の差が出てきたら、分かっててもイライラしちゃうのかな?

そうならないようにしないと。この天使のような笑顔を、おだやかな性格を壊してしまうようなことは絶対しないようにしないと。

ダウン症Kくんの絵

Sponsored Link

Sponsored Link

happy
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-ダウン症
-, , , , , ,

Copyright© 40代の高齢出産!年齢やリスク・芸能人にも負けないブログ! , 2019 All Rights Reserved.