コウノドリのポスター発見



ダウン症

ダウン症Kくんは目の検査で大きな病院へ

更新日:

2017年10月「コウノドリ2」再放送


4ヶ月を過ぎて、ダウン症のKくんは目の検査を受けることになった。

小児科の先生に紹介状を書いてもらって大きな市民病院の眼科へ。

まだ首の座らないKくんを30分以上車に乗せるし、行ったことのない病院。

自分の気持ちに余裕がない中、なんとか受付まで終了してほっとした。

小児科から予約はしてもらっていたけど、やっぱり長くかかった~。

1時間待って呼ばれると、光を目で追うかの簡単な検査。そこでは異常はなかった。もちろんこれで終わりではない。。

スポンサーリンク

Sponsored Link

「次は診察がありますから、待合室で待っててください。」と戻され、さらに30分ほど待ち。。

やっと呼ばれて診察室へ。目を覗き込む、意外に若い女性の先生。

そこでも特に悪いところはなく、これで終わったと思いきや、「今から目薬をして瞳をひらいてもらって、目の中を検査しますね。目薬のあとしばらく待ってもらってから検査しますので。」

その目薬の説明プリントがこれ
目の検査で使われた目薬の説明

目薬のあと、またまた待合室で50分待つ。

Kくん、お利口だった~。

ぎゃーぎゃー言うこともなく、指しゃぶりしたりキョロキョロしたりしながら一緒に待ってくれてる。

かえって私のほうが、イライラしてたかもしれない。

結局、白内障の疑いがないわけでもないが、まだ4ヶ月ではなんとも言えないので、今のところは経過観察で大丈夫ですとのこと。

大きな問題はなくて良かった。けど、ほんと半日がかり。朝早く出て、おばあちゃんに預けたNちゃんのことを気にしながら、家にたどりついたのは14時30分。

でも、ここは新生児のNICUがあるところだから、障がいを持った子どもの家族のふれあいの場の情報提供や、ドラマ「コウノドリ」のポスターが張ってあったりした。

障がい児をもつ家族の集いの案内

コウノドリのポスター発見

次の検査は1歳を過ぎてから、遠視、乱視、近視なども調べるそうだ。

Sponsored Link

Sponsored Link

happy
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-ダウン症
-, , , ,

Copyright© 40代の高齢出産!年齢やリスク・芸能人にも負けないブログ! , 2019 All Rights Reserved.